好っきゃねん!タイガースCH

阪神タイガース、野球全般、プロスピAに関する2chまとめサイトを行っています。

    カテゴリ: なつかしい


    ランディ・ウイリアム・バス(Randy William Bass, 1954年3月13日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州ロートン生まれの元プロ野球選手(内野手)、政治家。 1983年から1988年までNPBの阪神タイガースでプレー。登録名「バース」。6シーズンに渡る在籍は、ウィリー・カークラン
    47キロバイト (6,483 語) - 2020年6月6日 (土) 20:19



    (出典 upload.wikimedia.org)


    ワシは知ってるで~~(ドヤ顔)

    1 朝一から閉店までφ ★

    スポーツ 2020年06月16日 07時00分

     1983年から1988年にかけて阪神でプレーし、2年連続三冠王に輝くなど大活躍した助っ人打者のランディ・バース。そのバースについての逸話が、14日放送の『SPORTSウォッチャー』(テレビ東京系)で取り上げられ話題となっている。

     番組で取り上げられたのは、バースの本名は「バス」だが事情により登録名が「バース」に変更されたという逸話。番組によると、改名の理由は球団親会社の阪神電鉄がバス事業を手掛けていたこと。バースの成績に応じ「阪神バス大ブレーキ」、「阪神バス大爆発」といったイメージを損なうような見出しが使われる可能性があると、複数のスポーツ紙記者が指摘したことが改名につながったという。

     今回の放送を受け、ネット上にも「バースって本名じゃないのか、当時まだ生まれてないから知らなかった」、「確かにバス爆発とか出されたら一般の人は大事件が起こったって勘違いするよな」といった反応が寄せられていたバースの逸話。過去を振り返ると、バースと同じく本名とは異なる名前を登録名とした選手は他にもいる。

     阪急・オリックス(1983-1991)、ダイエー(1992)で活躍したブーマーは、本名が「グレゴリー・デウェイン・ウェルズ」で、どこにもブーマーという名前は入っていない。なぜ登録名がブーマーになったかというと、ブーマーは阪急入団前年までMLB・マイナーでプレーし、マイナーで本塁打を連発し“ブームを呼ぶ男”という意味で「ブーマー」というあだ名で呼ばれていたからだと、当時報じられた。ブーマーはNPB10年間で「.317・277本塁打・901打点・1413安打」とあだ名通りともいえる成績を残した。

     中日(2000)でプレーしたディンゴも、本名は「デビッド・ウェイン・ニルソン」と全く違う名前。これは当時の球団幹部がスポーツ紙に「ニル損」と書かれることを回避するため、ディンゴの母国・オーストラリアに生息するイヌ科の動物「ディンゴ」にちなんで登録名にしたといわれている。ただ、ディンゴは18試合で1本塁打と不振にあえぎ同年8月に退団したため、この珍しい登録名も1年で消滅している。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://npn.co.jp/article/detail/200004996


    【ランディ・バースの本名】の続きを読む


    星野 伸之(ほしの のぶゆき、 1966年1月31日 - )は、北海道旭川市出身の元プロ野球選手(投手)。野球解説者、野球評論家、野球指導者。 タイトル獲得は多くないものの、11年連続二桁勝利を記録するなど、パ・リーグを代表する投手として活躍した。その実績と端正な顔立ち、およそ野球選手らしくない細
    23キロバイト (2,753 語) - 2020年6月11日 (木) 02:16



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 砂漠のマスカレード ★

    歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

    「フォームで投げる」意識

    オリックス・星野伸之

     古くから速球は魅力的だ。速球による真っ向勝負は、シンプルにファンの心をつかむ。巨人の結成に参加して、その名を沢村賞に残す伝説的なエースの沢村栄治も、最大の武器は快速球。その速球を見るために観客は球場へ詰めかけた。スピードガンが登場してからは球速がバックスクリーンに表示されるようになり、速球の楽しみも増える。たとえボールであっても、すさまじい球速が表示されれば歓声が上がった。わずか1球でファンを魅了することができるのが速球だ。

     その点、技巧派の投手は分が悪い。一見して分かりづらい変化球も多く、緩急を駆使しても、打者を打ち取らなければ、なかなか歓声は上がらない。目を見張るような球速のない変化球でボールなら、ため息すら聞こえてくる。バッテリーの作戦によるボールであっても、その1球だけではファンに伝わらないのだ。

     20世紀から21世紀にまたがって、異色の左腕がいた。決して技巧派ではない。だが、速球派でもない。だが、それでも真っ向勝負を繰り広げて、打者のバットは速球に振り遅れるかのように空を切った。シーズン最多奪三振は1度もなかったが、21世紀に入ってプロ野球17人目となる通算2000奪三振に到達。ストレートの最速は130キロ台だったが、阪急からオリックスにかけて11年連続を含む12度の2ケタ勝利を達成した星野伸之だ。

     北海道の旭川工高では「三振も取れたし、そんなに自分の球が遅いとは思っていなかった」というが、ドラフト5位で1984年に阪急へ入団すると、ブルペンでベテラン投手と同じタイミングで投げたとき、「キャッチャーミットに届くタイミングが違う」と、初めて自分の球が遅いことに気づかされたという。球が速いことは、ファンにとって魅力的なだけでなく、大きな武器でもある。星野は悩んだ。球速アップのためにグラブを持つ右手の使い方を工夫したりもしたが、これで体の軸がブレてしまい、かえってうまく投げられなくなってしまう。

    そんな星野を救ったのが、二軍の足立光宏コーチだった。
    足立コーチは現役時代、投球術とシンカーで阪急の黄金時代に貢献したサブマリンだ。「お前は力を入れたらダメなピッチャー。なるべく力みをなくして、フォームで投げてみろ」。そこから「ピッチングでもランニングでも、力を抜くことを意識しました」(星野)という。投手としての“意識改革”が始まった。


    6/11(木) 11:05配信


    h
    (出典 https:)


    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php


    (出典 www.kouenirai.com)


    http://npb.jp/bis/players/31433860.html
    成績


    (出典 Youtube)

    星野 カーブ


    (出典 Youtube)

    ワールドスタジアム・星野攻め・1


    【星野伸之の魅力】の続きを読む


    井川 (いがわ けい、1979年7月13日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身の野球選手(投手)。左投左打。 元メジャーリーガーで、NPBでは阪神タイガースとオリックス・バファローズでプレー。阪神時代の2003年と2005年には、エースとしてチームをセントラル・リーグ優勝に導いた。愛称は、「だっぺ」、「イギー」、「エース井川」。
    54キロバイト (7,505 語) - 2020年6月6日 (土) 10:24



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 名無しさん@おーぷん

    あかん


    【井川慶は伝説のピッチャー】の続きを読む


    芸人(げいにん)とは、なんらかの技芸や芸能の道に通じている人、または身に備わった技芸や芸能をもって職業とする人のことを指す日本特有の概念である。史的には江戸時代に定型化した庶民芸能にたずさわる専門職業人に限る場合がある。 かつては俳優や舞踊家を含め、演芸や芸能に通じた専門的で職業的な演者一般を芸人
    5キロバイト (639 語) - 2019年9月24日 (火) 11:45



    (出典 upload.wikimedia.org)


    このメンバーは…

    【陣内智則、渡部建、ココリコ遠藤、渡辺謙、石田純一「僕たちは阪神ファン芸人です!」】の続きを読む


    一般社団法人日本プロ野球名球会(にっぽんプロやきゅうめいきゅうかい、英名: Golden Players Club)は、日本プロ野球でプレーした選手および元選手による法人格をもった団体である。通称:名球会(めいきゅうかい)。現在の理事長は山本浩二、顧問は長嶋茂雄と王貞治。
    41キロバイト (3,945 語) - 2020年5月22日 (金) 15:24



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 風吹けば名無し

    未だに二人しかおらん模様


    【200勝出来そうで出来なかった「甲子園優勝投手」】の続きを読む

    このページのトップヘ