好っきゃねん!タイガースCH

阪神タイガース、野球全般、プロスピAに関する2chまとめサイトを行っています。

    タグ:アレックス・ラミレス


    アレキサンダー・モン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez, 1974年10月3日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。就任時点で外国籍を有する監督としてはNPB史上9人目で、NPB史上初
    88キロバイト (11,527 語) - 2020年7月15日 (水) 07:36



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 風吹けば名無し

    なんで?


    【ラミちゃんの采配が謎ってる】の続きを読む


    アレキサンダー・モン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez, 1974年10月3日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。就任時点で外国籍を有する監督としてはNPB史上9人目で、NPB史上初
    90キロバイト (11,815 語) - 2020年5月13日 (水) 08:12



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 風吹けば名無し

    DeNA・ラミレス監督 リスク管理「先発は開幕まで7、80%くらいまで」
     1軍に合流し紅白戦で登板した上茶谷
     「DeNA紅白戦、紅組1-6白組」(28日・横浜)

     DeNAは28日、チーム練習再開後、初の紅白戦を行った。アレックス・ラミレス監督(45)は先発投手陣の仕上がりに手応えを示しつつ、開幕までに100%の状態にする必要はないとの考えを口にした。

     上茶谷、浜口、平良が2回を無失点に抑える投球。一方で危惧するのはケガだ。
    だからこそ「先発投手に関しては開幕まで70から80%くらいまで上げて、5から6イニングを投げられるくらいになれれば」と完璧な仕上がりは求めない。

     元々リリーフ陣の力に信頼を寄せており、小刻みな継投戦略を多く用いてきた指揮官。調整期間が短く、焦ってケガをするよりも、あえて徐々に状態を上げていく方がいいと判断した。
    「アドレナリンも出て、みんなシーズンに入るんだという気持ちになっている。一日一日いい準備をしていきたい」と意気込んだラミレス監督。リスク管理を徹底し、故障離脱者ゼロを目指していく。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1022d0d3a9b7eb182d0c7f90e762fa79c7be73e0


    【ラミちゃん「完璧な仕上がりは求めない」】の続きを読む

    このページのトップヘ