好っきゃねん!タイガースCH

阪神タイガース、野球全般、プロスピAに関する2chまとめサイトを行っています。

    タグ:スカウト


    近畿大学(きんきだいがく、英語: Kindai University)は、大阪府東大阪市小若江3-4-1に本部を置く日本の私立大学である。1943年に設置された。大学の略称は近大(きんだい)。 近畿大学は1925年に財団法人日本大学が設立した日本大学専門学校を淵源とし(初代校長・市村光恵)、193
    89キロバイト (12,554 語) - 2020年6月7日 (日) 02:59



    (出典 cdn.pixabay.com)



    1 風吹けば名無し

    ドラフト1位候補の近大・佐藤輝明が練習を再開 阪神のスカウトが視察
    https://hochi.news/articles/20200615-OHT1T50186.html

     今秋ドラフトの上位指名候補、近大・佐藤輝明内野手(4年)が15日、奈良・生駒市内の同大学グラウンドで個人練習を再開した。
    阪神のスカウト陣が視察する中、ノックではひとつひとつの動きを確認しながら、丁寧な捕球と送球を行った。
    打撃練習では「バッティングはまあまあ。外で打てるのはうれしい」とフルスイングでロングティー打撃に取り組んだ。

     自粛期間中は自身で考えたトレーニングメニューを敢行。可動域を広げるためストレッチに力を入れた。
    初の取り組みとして逆立ちやブリッジも始め、バランスや軸を鍛えたという。週2、3回のウェートトレーニングで体重も2キロ増量し94キロになった。

     8月9日に開幕が決定したリーグ戦に向けて
    「体をしっかり動かせる状態にしたい。打たないと始まらない。しっかり打って、チームを勝たせるような活躍をしたい」と意気込んだ。


    【阪神スカウト「近大・佐藤輝明」を視察】の続きを読む


    明石市立明石商業高等学校(あかししりつ あかししょうぎょうこうとうがっこう)は、兵庫県明石市魚住町(うおずみちょう)長坂寺(ちょうはんじ)に所在する市立商業高等学校である。 明石市が設置する唯一の高等学校で、略称は「明商」(めいしょう)。 商業科 国際会計科 商業
    10キロバイト (1,303 語) - 2020年5月25日 (月) 07:32



    (出典 cdn.pixabay.com)



    1 風吹けば名無し

    明石商、全体練習再開初日にスカウト来た 監督ビックリ中森俊介&来田涼斗に「巨人は本気みたい」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/498dcd40fbe042c5a96eebdb0624dcf7e0a1d079

    >巨人は榑松(くれまつ)スカウト部次長、大森編成本部統括スカウト、担当の岸スカウトが駆けつけた。
    >榑松次長は「来田君は将来、チームの中心になれる選手。中森君は早い時期にローテーションに入ってくる力を持った投手。
    >もちろん上位候補」と高評価。狭間善徳監督(56)は「巨人は本気みたい」と、3人態勢の視察に目を丸くした。


    【明石商に巨人スカウトがくるー!】の続きを読む


    スカウト(scout)は、求められる人材を見つけ、勧誘すること。対象の人材が既に所定の組織などに属している場合は、好条件を示してそれら組織から自陣営側の組織に呼び込むことも行われる。 なお英語の「 scout 」には「探し出す」や「見つけ出す」の意味があり、偵察・斥候(軍事)などもスカウト
    10キロバイト (1,648 語) - 2020年4月19日 (日) 04:52



    (出典 www2.myjcom.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

     8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スポーツ報知既報通り中止が決定的になった。20日の運営委員会で正式決定し発表される。

     夏の甲子園が中止になることで、進路選択を控える3年生部員やプロが注目するような有力選手には、どのような影響があるだろうか。元高校教員という異色の経歴を持つ日本ハム・大渕隆スカウト部長(50)らプロのスカウトと、大学、社会人の現役監督にも現状や今後の展望について聞いた。

     甲子園大会がなくなり、プロ、大学、社会人で野球を継続することを希望する選手にとって、代替大会が唯一のアピールの場となりそうだ。ただし無観客での開催が前提とされており、プロのスカウトが客席に入れるかは不透明な状況だ。

     5年間の高校教員経験がある日本ハム・大渕スカウト部長は、代替大会の開催自体を危ぶんでいる。「各校とも休校の影響で夏休みを短縮する方向です。そんな中、各自治体の教育委員会や各校の校長先生の理解が得られるんでしょうか。公共施設である公営球場を貸してもらえるかどうかも分かりません」と警鐘を鳴らす。

     その上で、開催が実現した場合については「我々NPBのスカウトとしては、視察希望の申し入れをすることになると思いますが、選手の安全が優先されることを考えると、認めていただけるかどうかは分からないですよね」と心配した。

     スカウトの視察の有無は、有力高校生の進路決定に大きな影響を及ぼす。ただ、その理屈でNPBスカウトの入場を認めると、大学や社会人の関係者も認めないといけなくなる。また、野球で自らの進路を切り開く可能性を持っている選手は、3年生部員全体から見たらごくわずかだという現実もある。

     別のスカウトは「球団と話し合ったわけではないが」と前置きした上で「今年は戦力外選手を出しにくいのではないか。そうなると、ドラフトで指名する選手も少なくなる」と指摘。そして「本来は中位から下位で指名されるような選手が、指名漏れや育成指名を恐れて大学や社会人に進んでしまうだろう」と予測する。

     実際、大学球界に有力選手が進むケースは増えそうだ。富士大監督時代に西武・山川、外崎らを発掘するなどスカウティングに定評がある法大・青木久典監督(47)は「例年ならプロに進むような有力な高校生が、進学にシフトチェンジしたという話をすでに何人か聞いてます」と証言する。

     昨年まで慶大を指揮し、今季からJX―ENEOSに復帰した大久保秀昭監督(50)は「この流れはアマ球界にとって間違いなくプラス。レベルアップ、活性化につながる」と歓迎。一方で「甲子園出場」といった各大学が設ける推薦基準をクリアできていない選手が、一般受験や野球継続の断念を強いられるケースも出てきそうだ。(片岡 泰彦)

     ◆MLBの今年のドラフト 従来の最大40巡目から5巡目までに縮小される。全体の指名選手は昨年の1217人から、1965年のドラフト制度導入後最少の160人ほどに減少する見通しだ。6月10日から予定されるドラフトは、かねてより7月への延期が取り沙汰されている。

    5/16(土) 6:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-05160013-sph-base


    【スカウト「ドラフトで指名する選手も少なくなる」】の続きを読む

    このページのトップヘ