好っきゃねん!タイガースCH

阪神タイガース、野球全般、プロスピAに関する2chまとめサイトを行っています。

    タグ:東北楽天ゴールデンイーグルス


    たかなし きっちん


    巨人移籍の高梨「ドキドキワクワク…求められたところで腕を振る」オンライン会見で抱負 巨人移籍の高梨「ドキドキワクワク…求められたところで腕を振る」オンライン会見で抱負
    楽天から巨人に移籍した高梨雄平投手(28)が15日、オンラインで入団会見に臨み、「驚きもあったんですけど、うれしいというかドキドキワクワクする気持ち…
    (出典:野球(中日スポーツ))


    高梨 雄平(たかなし ゆうへい、1992年7月13日 - )は、埼玉県川越市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。読売ジャイアンツ所属。 川越市立高階南小学校3年時に川越リトルで野球を始めると、川越市立高階西中学校時代には川越シニアへ所属した。 川越東高等学校への進学後は、元プロ野球選手だった監督
    20キロバイト (2,472 語) - 2020年7月15日 (水) 05:16



    (出典 upload.wikimedia.org)



    【たかなし きっちん】の続きを読む


    楽天・美馬学、記念グッズ販売


    ロッテ・美馬のプロ通算1000イニング達成記念グッズを販売 ロッテ・美馬のプロ通算1000イニング達成記念グッズを販売
    …通り。・美馬学通算1000投球回達成記念パネルモチーフTシャツ、3000円(税込)、サイズはS、M、L、XL、色ははブラック、ホワイト・美馬学1000…
    (出典:野球(サンケイスポーツ))



    【楽天・美馬学、記念グッズ販売】の続きを読む


    井口 資仁(いぐち ただひと、1974年12月4日 - )は、東京都田無市(現・西東京市)出身の元プロ野球選手(内野手)、監督。本名及び旧登録名は井口 忠仁(読み同じ)。 2018年シーズンから千葉ロッテマリーンズの監督を務める。 シカゴ・ホワイトソックスとフィラデルフィア・フィリーズ時代にワールドシリーズ優勝を2度経験している。
    74キロバイト (8,432 語) - 2020年7月4日 (土) 07:23



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 風吹けば名無し

    朝日新聞ロッテ担当 @asahichibalotte 4m
    7回降雨コールド負け。井口監督は「先に点取っとかないといけない。満塁の好機を生かさないと、こういう結果になる」
    「何とかしたかったですけど、球場もシートひいてくれないし。ちょっと文句を言ってしまったが、最善の策を取ってくれていない」。
    試合後、審判団と何か話していました。 #chibalotte


    【井口監督、審判に文句いう…】の続きを読む


    東北楽天ゴールデンイーグルス(とうほくらくてんゴールデンイーグルス、英語: Tohoku Rakuten Golden Eagles)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 宮城県を保護地域とし、同県仙台市宮城野区にある楽天生命パーク宮城(公式略記は「楽天生命パーク」「楽天生命」)を専用球場(本拠地)としている。
    214キロバイト (32,033 語) - 2020年6月27日 (土) 07:44



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 風吹けば名無し

    打線おかしいやろ


    【「盗賊打線」楽天さん】の続きを読む


    オコエ 瑠偉オコエ るい、1997年7月21日 - )は、東京都東村山市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。 実妹はWリーグの富士通レッドウェーブに所属するオコエ桃仁花。 ナイジェリア人の父と、日本人の母との間に出生。7か月で独りで歩く子供で、6歳の時に近所
    45キロバイト (6,029 語) - 2020年5月25日 (月) 15:34



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 首都圏の虎 ★

    「誰も責める気はない。文句を言う気もない」

     楽天のオコエ瑠偉外野手が15日、ツイッターを更新し、自身の過去の経験を明かした。


     オコエは自身のツイッター上で3枚の文言を公開。まず「誰も責める気はない。文句を言う気もない」と綴り「おんなじ境遇の人、またその両親の少しでも励みになればと思い、炎上覚悟で投稿します。まず最初に言いたいことが、これが差別だとかどうとかそんなのは本当にどうでもいい話」と、自身の過去を赤裸々に明かした。(一部抜粋)

     保育園時代、先生が醜いアヒルの子の絵本を呼んだ際に周りの子からジロジロ見ながら笑われ「俺が周りとは違うと初めて認識された出来事だった」と綴り、親の似顔絵を描く授業では「先生は言った。親の顔は肌色で塗りましょう。でも、俺はその時の反抗心からか涙ながら、茶色のクレヨンをとり親の顔をかいた。出来上がった後はもちろん皆に笑われた」と明かしている。

     その後も小学時代に先輩たちからは肌の色で笑われ、喧嘩を売られ、少年野球では相手チームから外人、黒人と呼ばれるなど自身の過去を綴った。

     現在でもSNSなどでコメントを送ってくる人もいるようで「本当に心が無くなる瞬間。これがもう自分が無敵になったような気がする。でも、今考えてみるとただ単に心をシャットダウンして、他人に対して何の感情も沸かなくなるだけだった。心が無くなるのは本当に怖い」と胸の内を綴った。

     それでも、多くの経験をしたことで「悔いないように生きようと思うし、良くも悪くも今となってはちょっとやそっとのことじゃ動じなくなった」と、綴っている。

     最後は「今後、自分の子供ができて同じ経験をさせないようにはどうすればいいのだろう。と考えている人。そういう人たちの共感につながればいいな」と締めくくっている。

    6/16(火) 0:05配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/84f410ce7e382f29123e9162a600689d41c044cf

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【オコエ瑠偉の赤裸々トーク】の続きを読む

    このページのトップヘ