好っきゃねん!タイガースCH

阪神タイガース、野球全般、プロスピAに関する2chまとめサイトを行っています。

    タグ:清原和博


    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。 NPBサヨナラ安打(20本)、サヨナラ本塁打(12本)、オールスター戦通算打点(36点)、オールスター戦MVP(7回)の最多記録保持者。
    145キロバイト (23,335 語) - 2020年7月2日 (木) 14:23



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 ひかり ★

    元プロ野球選手清原和博氏(52)が、とんねるず石橋貴明(58)がメインパーソナリティーを務めるフジテレビ系「石橋、薪を焚べる」(火曜深夜0時25分)に
    ゲスト出演することが2日、分かった。7日、14日と2週にわたって登場する。先月15日に4年の執行猶予(覚せい剤取締法違反)期間が満了して以降、初の
    地上波番組出演を果たす。石橋のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」の収録にも参加し、赤裸々なトークを展開した。

    2人は15年7月の同局系「FNS27時間テレビ」内「とんねるずのみなさんのおかげでした」コーナー以来、約5年ぶりの共演。このほど都内で行われた
    「石橋、薪を焚べる」の収録冒頭、石橋から「今日は内角高めにビシビシ真っすぐ勝負ですよ。覚悟はいい?」と“先制攻撃”を受けつつ、清原氏は終始笑顔だった。
    執行猶予期間の心境や、息子との再会、甲子園への思いなどについて語った。

    また、東京・六本木の焼き肉店「ユッチャン。」で行われた「貴ちゃんねるず」の撮影にも参加。留置場時代の経験談や、薬物依存の症状、家族とのエピソードなどを明かした。
    勝者が食事などの全金額を支払う「とんねるずの-」の人気コーナー、「男気じゃんけん」にも5年ぶりに挑戦。2時間以上にわたったトークや対決の様子は、
    同チャンネルで今月8日以降に順次、公開されるという。

    収録中、石橋から「スーパースターだから。キヨさんならやってくれると俺は思ってる。どん底を味わった後にまた頑張る、っていうロールモデルになってほしい」と
    エールを送られた。清原氏は「執行猶予満了から間もないタイミングで、地上波の番組に出させていただけるとは思っていませんでした。タカさんにも、
    スタッフの方々にも、本当に感謝です」とコメント。「野球界にも貢献していきたいし、薬物依存で苦しんでいる方たちにも、希望を与えられる存在になりたい。
    いばらの道だとは思いますが、精いっぱい務めます」と話した。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ad47018bccfc868eb35a6c4666b0474910171d73

    (出典 www.nikkansports.com)


    【清原和博氏「タカさん、ホンマ感謝」】の続きを読む


    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。NPBサヨナラ安打(20本)、サヨナラ本塁打(12本)、オールスター戦通算打点(36点)の最多記録保持者。
    145キロバイト (23,271 語) - 2020年6月23日 (火) 07:04



    1 風吹けば名無し


    (出典 imgur.com)


    【清原和博氏、完全に抜け切る】の続きを読む


    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。NPBサヨナラ安打(20本)、サヨナラ本塁打(12本)、オールスター戦通算打点(36点)の最多記録保持者。
    145キロバイト (23,314 語) - 2020年6月16日 (火) 00:11



    (出典 live.staticflickr.com)



    1 風吹けば名無し

    清原氏は「薬物との戦いに終わりはありませんが、私はこれからの人生を薬物依存症で苦しむ人たちと、野球界、とくに私自身の原点でもあります高校野球に捧げたいと考えております」
    と高校野球への熱い思いをつづった。その上で文書の最後に「不安、絶望、微かな希望。これが今の僕の全てです 清原和博」(コメントは原文のまま)と直筆メッセージも記した。

    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202006150000372.html


    【清原和博氏「人生を高校野球に捧げる」】の続きを読む


    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。NPBサヨナラ安打(20本)、サヨナラ本塁打(12本)、オールスター戦通算打点(36点)の最多記録保持者。
    144キロバイト (23,186 語) - 2020年6月10日 (水) 12:12



    (出典 upload.wikimedia.org)



    【清原和博氏「執行猶予期間」終了】の続きを読む


    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。NPBサヨナラ安打(20本)、サヨナラ本塁打(12本)、オールスター戦通算打点(36点)の最多記録保持者。
    143キロバイト (22,922 語) - 2020年4月22日 (水) 08:04


    当時の事、鮮明に記憶してるな~。
    「キヨマーも怒るんだ」って思ったよ…

    1 Egg ★


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【Lega-scene あの名場面が、よみがえる。~乱闘編~】昭和、平成の名場面を本紙所蔵の秘蔵写真からお届けする「Lega―scene(レガシーン)」。プロ野球乱闘編の第5回は、1989年9月23日に行われた西武―ロッテ戦(西武)。西武・清原和博内野手(当時22)が左肘に受けた死球に激高し、ロッテ・平沼定晴投手(同24)に暴行を加えた一枚です。


    誰もが目を疑う光景だった。

    西武黄金時代の真っただ中。

    若き主砲・清原がグラウンドで

    信じられない大立ち回りを演じた。

    左肘に死球。その直後だ。

    激高した清原はマウンドの

    ロッテ・平沼定晴めがけて

    バットを投げつけた。

    そのまま突進。平沼もひるまない。

    マウンドから駆け下りる。

    だが、体格で勝る清原が

    ジャンピングニーパッドをかますと

    平沼はグラウンドに倒れ込んだ。

    両軍ナインが飛び出し

    逃げる清原をロッテナインが追う。

    数人につかまって、倒された。

    満塁30号を放った直後の打席の死球。

    激高する理由はある。

    しかし、暴力は認められない。

    翌日、辻発彦に付き添われ

    ロッテのロッカーで謝罪。

    清原は涙を流した。

    悔いた。暴行に

    そしてバットを投げつけた行為に。

    少年の夢を壊した、と。

    後年、巨人へ移籍したとき。

    折れたバットを無造作に捨てる選手へ

    こう言ったという。

    「大切に使っていたのに

    折れたからといって

    簡単に捨てるな」。

    道具への感謝。それもまた

    「番長」の一面だった。 (敬称略)

     ≪退場…制裁金30万円 2日間出場停止処分≫清原にとって、プロ入り4年目で初の退場劇。衝撃的な出来事に、東京最終版1面では「清原 暴行退場」の見出しが躍った。この暴挙で両軍がベンチを飛び出し、もみ合いに。清原は「カッとして、気がついたらバットを投げつけていた」と振り返り、猛省した。制裁金30万円に2日間の出場停止処分。連続試合出場は490試合でストップした。倒されて、跳ね返ったバットも左太腿に当たった平沼は左肩鎖部と左太腿部挫傷で全治2週間と診断された。

    4/25(土) 6:30配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00000081-spnannex-base


    【清原和博「伝説の乱闘シーン」】の続きを読む

    このページのトップヘ