好っきゃねん!タイガースCH

阪神タイガース、野球全般、プロスピAに関する2chまとめサイトを行っています。

    タグ:鳥谷敬


    ロッテ・鳥谷敬、移籍後「初」打点


    鳥谷 (とりたに たかし、1981年6月26日 - )は、東京都東村山市出身のプロ野球選手(内野手、右投左打)。千葉ロッテマリーンズ所属。 ロッテ移籍前は2004年 - 2019年にかけて阪神タイガースで16年間プレーし、日本野球機構(NPB)の一軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試
    108キロバイト (15,029 語) - 2020年7月27日 (月) 00:05



    (出典 cdn.pixabay.com)


    鳥谷さん、よくやったで~~
    ずっと応援してるからな~~

    【ロッテ・鳥谷敬、移籍後「初」打点】の続きを読む


    井口 資仁(いぐち ただひと、1974年12月4日 - )は、東京都田無市(現・西東京市)出身の元プロ野球選手(内野手)、監督。本名及び旧登録名は井口 忠仁(読み同じ)。 2018年シーズンから千葉ロッテマリーンズの監督を務める。 シカゴ・ホワイトソックスとフィラデルフィア・フィリーズ時代にワールドシリーズ優勝を2度経験している。
    74キロバイト (8,430 語) - 2020年6月4日 (木) 23:42



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 風吹けば名無し

    朝日新聞ロッテ担当@asahichibalotte
    試合後の井口監督。 #中村奨吾 選手は次戦から大丈夫とのこと。 #鳥谷敬 選手と #福田光輝 選手について「鳥谷はやっぱりベテランで、ここぞというときの守備だったり、経験値が彼の最大の武器。光輝は投手によって見ていくというよりは、どんどんいくタイプ」と各持ち味に言及。 #chibalotte


    【井口監督「鳥谷は経験値が最大の武器」】の続きを読む


    幕張海浜公園 > 千葉マリンスタジアム 千葉マリンスタジアム(ちばマリンスタジアム)は、日本の千葉千葉市美浜区の幕張海浜公園内にある多目的野球場。プロ野球・パシフィック・リーグ(パ・リーグ)の千葉ロッテマリーンズが専用球場(本拠地)として使用している。通称・略称は千葉マリンマリスタ
    92キロバイト (12,759 語) - 2020年6月7日 (日) 08:31



    (出典 upload.wikimedia.org)


    さすが、鳥谷やな~~
    素晴らしい!!

    1 風吹けば名無し

    ミラクル!? いや、当然の結果かもしれない。ロッテ鳥谷敬内野手(38)が、ZOZOマリンでの楽天戦で、一流選手ならではの“千里眼”を見せた。

    【写真】7回裏、鈴木の二ゴロを華麗にさばく鳥谷

    8回裏の二塁守備、人工芝に転がる小石らしきものを拾うと、直後のピンチで打球がピンポイント通過。二ゴロで三走をくぎ付けにし、追加点を阻止した。
    練習試合の再開後、ヒットは出なくても、いぶし銀が随所にキラリ。プロ17年目の開幕1軍にまた近づいた。


    【鳥谷敬、小石を拾う】の続きを読む


    鳥谷 (とりたに たかし、1981年6月26日 - )は、東京都東村山市出身のプロ野球選手(内野手、右投左打)。千葉ロッテマリーンズ所属。 ロッテ移籍前は2004年 - 2019年にかけて阪神タイガースで16年間プレーし、日本野球機構(NPB)の一軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試
    107キロバイト (14,879 語) - 2020年5月14日 (木) 15:20



    (出典 upload.wikimedia.org)



    【鳥谷よ、バットで存在感を示せ】の続きを読む


    鳥谷 (とりたに たかし、1981年6月26日 - )は、東京都東村山市出身のプロ野球選手(内野手、右投左打)。千葉ロッテマリーンズ所属。 ロッテ移籍前は2004年 - 2019年にかけて阪神タイガースで16年間プレーし、日本野球機構(NPB)の一軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試
    107キロバイト (14,879 語) - 2020年5月14日 (木) 15:20



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 風吹けば名無し

     ロッテの鳥谷敬内野手は30日、ZOZOマリンで行われた紅白戦に紅組の「3番・遊撃」で先発出場。4打数無安打だったものの、遊撃の守備では軽快な動きを見せ、開幕1軍へアピールした。

    【動画】“鳥谷画伯”の実力は如何に? 「タイガースにいたら絶対やってくれなかったはず」とファンも歓喜。ドラえもんを描く貴重な映像

     見せ場は3回の守備だった。田村の三遊間を抜けそうな打球をスライディングキャッチ。難なく一塁へ送球して遊ゴロとした。打撃では初回1死一塁はニゴロ、3回2死は捕ゴロ。7回先頭ではアコスタの球を捉えたものの左飛だった。9回1死も左飛だった。

     3月にロッテ入団後は2軍練習試合で調整を行っており、この日が“1軍初出場”。まず守備で存在感をアピールした。なお、試合は同点の8回に白組の井上が左越えへ勝ち越しソロ。ベンチ前では右翼席に向かってパフォーマンスを見せた。マーティンも中越えソロを放った。白組が4-3で勝利した。


    【ロッテ鳥谷「3番・ショート」で本拠地デビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ